女性の更年期障害の症状を対策するには

現代沢山の女性が更年期障害で悩んでおられます。

先輩方の中には、

「10年間、自宅から出れなかった」
「身体がとにかくきつかった」

と言われる方や、逆に

「更年期なんかなかった」
「すぐに病院で漢方処方してもらって、上手く付き合えた」
「サプリメントを飲んで乗り切った」

という方まで、症状や対処方法は様々…。

出来ることなら、更年期と上手く付き合っていきたいものですね。
今回は、自分で出来る更年期障害の対処方法についてご紹介いたします。

更年期障害とは?

更年期とは閉経前後の5年間のことで、この期間に現れるさまざまな症状の中でも他の病気に伴わないものを更年期症状と呼びます。
その中でも症状が重く、日常生活に支障を来すものが更年期障害です。

更年期障害の症状は大きく分けて3つあります。

自律神経失調症状:のぼせ、汗、寒気、冷え症、動悸、胸痛、息苦しさ、疲れやすい、頭痛、肩こり、めまい、不眠
精神症状:イライラや怒りっぽいなどの情緒不安定、抑うつ気分
その他の症状:腰痛や関節痛、嘔気や食欲不振、皮膚の乾燥感やかゆみ、尿が近く外陰部の不快感

※ 多彩な症状がみられますが、これらが他の病気の症状ではないことが条件になります。

更年期障害の主な原因は卵胞ホルモン(エストロゲン)の低下で、これに年齢に伴う体の変化と精神・心理的な要因、社会文化的な環境因子が複合的に影響することで症状が出ると考えられています。

更年期障害と感じたら?

多くの女性が、症状に対してひたすら我慢していることが多いと聞きます。現代は、婦人科の中に更年期外来といって、病院で検査をしたうえで、お薬やサプリメントが処方され症状緩和する事も可能です。

心理カウンセラーと、お話する場をもうけてくれている病院もありますので、「更年期かも?」と思ったら、我慢しないで病院に受診して現状を把握する事をお勧めいたします。その上で、改善策を考えるのが近道だと思います。

女性の更年期障害の症状を改善するためには、どうしたらいい?

まず、意識してほしいのは下記のようなことです。

・身体を冷やさない事!靴下やレッグウォーマー・腹巻などで身体の温め対策!
・発酵食を意識してとる
・運動をする
・湯船に入る
・時間があれば、酵素風呂に入る

身体の中から温まること、しっかりと食事をとること。これらを意識するだけでも症状の緩和が期待できますので、ぜひお試しください。

また、酵素風呂プルメリアに通われている方の中には、次のようなことを心がけている方もいらっしゃいます。

・ヨガを習い始めた
・毎日犬の散歩をする
・早寝早起き、規則正しい生活
・困ったら、病院で相談する
・漢方を飲んでいる
・サプリメントを飲んでいる
・ホルモン注射に通ってる
・週1回の酵素風呂通ってる
・ジャンクフードは食べない
・太らない様に外食は控える
・ストレスをためない様に心がける
・家族に話を聞いてもらう

病院や助産院、家族や友人にもサポートしてもらいながら、上手く付き合っていきましょう。

更年期障害の方が酵素風呂に入られた感想

更年期障害の方が酵素風呂プルメリアを利用された感想です。

・とにかく寝れる様になった
・肩凝りが楽になった
・朝の目覚めがよかった
・お腹が温まった
・頭痛がなくなった
・吹き出物が減った
・身体のポカポカが持続する様になった
・宿便が出る様になった
・太らなくなった
・良い汗をかくようになった

【冷えは大敵】とよく言われますが、女性の更年期も身体を温める事によって、よい効果が出てきているみたいですね。

 

当店は、女性専用のサロンで、もちろんスタッフも女性のみです。サロン2階併設している助産院には助産師が在住しておりますので、更年期症状のお悩みは遠慮なくお声かけ下さい。その上で、どの様に酵素風呂に入ると効果的か?更年期の過ごし方、対処方法も具体的にお伝えしています。

身体の芯からポカポカ温まる酵素風呂で、女性の更年期障害時期を楽しく乗り切りましょう。
そして、輝く女性でいられるために、しっかり自分と向き合いましょう!

error: Content is protected !!