寝れない理由は?不眠症の対処法

全国民の約20%が不眠を訴え、3~5%の人が睡眠薬を飲んでいるそうです。
眠りは健康のバロメータです。
健康な体を維持するためには眠りは非常に大切なものです。 
 
酵素風呂に入った方の約9割の方が「良く寝れた」と言ってくれるのはなぜか?その理由をお伝えいたします。
 

不眠症の原因5つ

1)心理的なもの : ストレス
ストレスは快眠の最大の敵である。大小さまざまな心理的ストレスは交感神経を活発化し、副交感神経を抑制することで睡眠を妨害する。

2)身体的なもの : 痛み・痒み・無呼吸など
けがによる痛み、皮膚病によるかゆみや夜間の頻尿などの体の症状が眠りを妨げる場合がある。朝起きても、十分に眠った感じがしない方は、医療機関の受診をおススメします。

3)精神医学的なもの : 抑うつ・うつ病
眠れない背景には心の不調が関わっている可能性があります。慢性的な不眠3分の1から半数は、何かしらの精神疾患(うつ病や統合失調症など)があるとも言われている。

4)薬理学的なもの  : アルコール・カフェイン
覚醒作用があるアルコール・タバコなどは寝つきを悪くし、眠りも浅くする。

5)生理学的なもの  : 生活習慣・室内環境
交感神経が活発になる生活・動作をすると、睡眠が妨害される。さらに、寒さ暑さ、明るさ、騒音などの就寝環境も、睡眠に大きな影響を与える。

 

当店のひのき100%の酵素風呂が、さらに眠りに導く効果がある理由

1)ひのきの香りが、脳波をアルファー波にすることがわかっていて、リラックス効果も抜群です。
2)当店独自の入酵方法を行ってますので、どの部分(特に耳)をしっかり温めると効果があるか?お客様に合わせて入酵していただいています。
3)ひのき100%酵素風呂の最大の特徴の熱の浸透性・持続性の効果で、昼間入酵しても夜間まで身体がポカポカ続いて、血行がよくなって新陳代謝が活発になることで眠りにつきやすくなる

酵素風呂に入って、睡眠に変化が出たお客様の声

・入った日は、夜中にトイレにも起きない
・睡眠の質が上がった
・朝まで起きない
・寝る気が良くなった
・酵素風呂の20分でも寝れる様になった
・熟睡感が分かるようになった
・寝入りが早くなった
・温かい身体で寝れる

 
一時的な不眠で、リズムを取り戻すために薬を使うということであれば良いと思いますが、薬を飲みだすと多くはそうならず、肉体的にも精神的にも依存してしまいます。
不眠の薬が手放せなくて悩んでいるような方には、不眠の原因をしり、是非身体を温めて、ひのきの癒し効果を体験する事をお勧めしています。

error: Content is protected !!