冷え性の女性におススメの酵素風呂の入り方

“冷えは万病の元”と言われていますが、身体が冷えないように意識されてる方は、いったいどのくらいおられるのでしょうか?
冷え性は女性に多い症状で、個人差はありますが、女性の半数から7割近い方がつらい冷えを感じているようです。

今回は、冷え性に悩む女性におススメの酵素風呂の入り方をご紹介いたします。

冷え性の定義と原因

基礎体温が36℃未満の人を「低体温」と呼ぶことがありますが、冷え性には「体温が何度以下」という目安はありません。
「普通の人が寒さを感じないくらいの温度でも、全身や手足、下半身など体の一部や全身が冷えてつらい症状」を冷え性と呼びますが、全員に自覚症状があるわけでもありません。冷え性であることに気付かず、対処できていない女性も多いのです。

女性は男性に比べると冷え性になりやすいのですが、その原因は次のようなものです。

・熱を作り出す筋肉が少ない
・皮膚の表面温度が低い
・貧血や低血圧の人が多い
・月経の影響などで、腹部の血流が滞りやすい
・自律神経の乱れ
・血液循環の悪化
・女性ホルモンの乱れ

日頃から、有酸素運動や筋力トレーニングで熱を作り出せる身体づくりを行ったり、身体を温めたり、こまめにストレスを解消し、自律神経が乱れないよう心がけることが大事です。

冷え性の方におススメの2回浴

冷え性でない方が酵素風呂に入ると、目に見えて発汗するのですが、冷え性の方が酵素風呂に入った場合は汗がほとんど出ません。冷え性の自覚がない方の中には、熱い酵素パウダーをかけてもかけても身体が温まらず、始めて冷え性に気づかれる方も多いのです。

そのような方は、1回20分の入酵で身体はある程度温まりますが、身体への熱の浸透性は悪く持続性も悪いのです。本来、酵素風呂の効果は3日は持つ言われてますが、冷え性の方は早ければその日のうちに、再び冷えを感じる方がおられます。

次回の入酵までに間が開いてしまうと、再度冷えた身体に戻ってしまうため、是非2回浴をおススメいたします。

2回浴とは、1日のうちに酵素風呂に2回入る事です。酵素風呂に1度入った後、しばらく休んで再度入ります。もしくは、朝のうちに酵素風呂に入って、2度目の入酵は夕方にという方法でもOKです。2回浴を行うと、身体の芯に入る熱量が変わります。体内の酵素の貯金率も変わります。

2回浴はデトックス効果もより高まりますから、ぜひお試しください。

また、酵素風呂に入る頻度の理想は、年齢・目的などによっても個々に違いはありますが、週1回を目安に入れると身体への効果は高く維持できると言われてます。お仕事などで週1回の入酵が難しい方は、2週間に1回のペースでも、2回浴が出来れば効果は上がってきます。

2回浴体験者の声

・やみつきになりますね!
・2度目の発汗力がすごいです
・もともとの冷えが強いので2回浴でやっと温まった感が出ます
・酵素風呂のもちが長くなります
・冷え性に気づきました
・月1回の2回浴が自分へのご褒美です

冷えの強い方、めちゃくちゃ疲れておられる方、忙しい方には、2回浴は、是非おススメいたします。

冷え性のつらい症状を我慢せず、ぜひ酵素風呂プルメリアへお越しくださいね。

error: Content is protected !!