産後のおっぱいの痛みの原因と酵素風呂でできる対処方法

産後の楽しい子育ては楽しいですか?
授乳と赤ちゃんのお世話で、24時間あっという間ですよね。

産んだら誰もがオッパイは出る!それは一昔のお話。
現代は、食生活・日常生活の変化により、楽しい楽な授乳ではなくおっぱいトラブルが増えています。

トラブルの原因を知り、しっかり対処していきましょう。

おっぱいトラブルの原因

特に相談の多いおっぱいトラブルは

・おっぱいが出ない
・赤ちゃんが吸ってくれない
・右(もしくは左)が詰まる
・おっぱいが出るぎる
・乳首が切れて痛い
・乳腺炎になった
・授乳で肩が凝る

などなどですが、これらのトラブルの原因の多くは、おっぱい周辺の血流の悪さと冷えです。

昔は、おっぱいマッサージ屋さんも居なくて、ミルクもない時代。

なのに、全員完全母乳。
それは、身体が綺麗で上等だったから。

助産師によるおっぱいマッサージを受けると、おっぱいトラブルは一時的に改善しますが、根本的に身体を治さないとトラブルは繰り返しされます。
※ 乳腺炎などの急性期は、まずは助産師によるおっぱいマッサージを受けて、詰まりを取って下さいね。

おっぱいトラブルをおこさないためには、血液を温める事!おっぱいは血液で出来てるため、おっぱい周辺の血流を良くすることが大事なのです。

オッパイのトラブルの対処方法

おっぱいトラブルに対処するには

・助産師によるおっぱいマッサージをうける
・正しい授乳方法を知る
・身体を温める
・赤ちゃんにしっかり飲んでもらう
・和食を中心に摂取する
・お菓子、油物を控えた食生活

といった方法があります。

身体を温めるには湯船に使っての入浴が効果的ですが、産後は悪露の排出があるので、産後1か月は入浴は出来ません。
しかし、酵素風呂は、綿のショーツと大き目のナプキンを当てての入酵が産後直後から可能です。

これらのおっぱいトラブルを防ぐためにも酵素風呂は使えますので、ぜひご利用下さい。

産後直後から酵素風呂に入った方の感想

産後直後から酵素風呂をご利用いただいている方からの感想をご覧ください。

・もともと冷え性でおっぱが出にくかったが、温まって飛ぶようにおっぱいが出た
・乳腺炎で、おっぱいマッサージの後入ったら、奥からつまりが通った
・肩が楽になって、おっぱの動きも良くなった
・赤ちゃんがいつもより美味しそうに飲んでくれたので嬉しい
・酵素風呂にはいってる時から、母乳分泌があった
・混合授乳から完全母乳に移行できた

酵素風呂の身体への熱の入り方は、普段の入浴の何倍も浸透性があります。
身体の芯からジワジワ熱が入り、おっぱいがすぐに張ってくるのが分かります。
酵素効果で、母乳の質もよくなってるんでしょうね。
どの赤ちゃんも、いつもより美味しそうにごくごく飲んでくれてますよ。

おっぱいトラブルの改善に、ぜひ酵素風呂プルメリアをご覧くださいね。

error: Content is protected !!